転職活動にまつわるトラブル回避法

【医師の転職】採用面接で業務内容をスムーズに確認できる「Will・Can・Must」の質問法とは?

採用面接は、採用側が一方的に質問をする場でもなく、応募した医師の側にとっても「どんな職場なのか」を知る機会となっています。 どのような人が上層部にいるのか、どのような環境なのかということを知ることはもちろんのこと、業務内容についても十...
採用面接での回答

【医師の転職】志望理由で「条件が合うから」と答えることがNGな理由

採用面接で、志望理由を質問された時に、「年収や勤務日数、業務内容が希望していたものと合致したためです」と答えたとします。この回答、一見「納得して入職しようとしてるんだな」と思われるかもしれませんが、あまりオススメできません。 というの...
転職活動にまつわるトラブル回避法

「専攻医をやめる」選択をした若手医師の転職が増え始めた背景とは【新専門医制度】

新専門医制度が2018年より開始となり、資格の取得や更新について大きな変化が起きました。私はその新専門医制度以前の「後期研修」をして専門医資格を目指していた身ですので、「うわ、これは今の専攻医の先生たちは大変だ…」とその差に驚きました。 ...
転職活動にまつわるトラブル回避法

【医師の転職】採用面接で医師側が「病院・クリニック側の本音」を探る方法

採用面接はよく「お見合い」にたとえられることがあります。それは、単に「マッチング」の場であるという意味だけではなく、「最初は本音でなかなか話すことができない」という意味でも似ているな、と思います。 お見合いの場で、いきなり「私ってこん...
採用面接での回答

【医師の転職】採用面接で「よくある定型的な質問」が続いたら要注意な理由

産業医の採用面接をとある企業に受けに行った時、「急遽、統括産業医の先生に用事ができてしまい、別の先生にご同席いただきました」と言われました。 同席されたのは私より5歳程度上の女医さんで、見るからに「なんで私が採用面接なんかやんなきゃい...
採用面接のマナー

【医師の転職】質問に対する回答の「内容は良くてもマイナスな印象を抱かれてしまう」原因

医師の採用面接で、そこで質問をされた時の回答で、内容以前に「なんだこの人…」と思われてマイナスな印象を抱かれてしまうということがあります。 面接の担当者として話を聞いている際に、「言葉遣いが気になる」という方は結構多いです。いきなりタ...
採用面接での回答

【医師の転職】採用面接で「転職・退職理由」をどう語るべきか

医師の転職・退職理由としては、年代によっても傾向が異なっています。20~30代の若手ですと、「資格取得のため」あるいは「経験を積みたい」という理由や、「業務がしんどすぎて、負荷を軽減したい」という理由などが比較的多いと言われています。 ...
採用面接のトレーニング法

【医師の転職】採用面接前に「履歴書をもう一度見直す」べき理由

病院などに応募する場合、基本的には「では、履歴書をお送りください」ということになり、まずは書類選考が行われます。 次に採用面接、となるわけですが、ここでもう一度、隅々まで履歴書を見直しておくことをオススメします。というのも、面接担当者...
採用面接での回答

【医師の転職】面接で採用を遠ざけてしまう可能性のある一言

病院側の立場で考えると、医師の採用にも「コスト」がかかります。医師を募集し、書類選考や面接を実施し、実際に採用する…この一連だけでも相当な金額、人手、時間を必要とします。 ですので、短期間で医師が辞めてしまい、再募集せざるを得ない、と...
採用面接での回答

医師の採用面接で面接官が「実務経験・能力、スキル」を見ることを最優先していない理由が分かりますか?

病院の採用面接にあなたが行ったとして、まず最初にアピールするとしたら、「実務経験や能力、スキル」を真っ先に考えるのではないでしょうか。 「こうした先端的な病院で研鑽を積み、こんなスキルを身につけた」とアピールしたり、「今でこんな論文を...
タイトルとURLをコピーしました