採用面接での回答

採用面接で「上手く質問に答えられない」ことの原因と対策【医師転職】

採用面接では、「上手く答えることができなかったなぁ…」という質問が往々にしてあるものです。 もちろん、想定していた質問がきたならば、スラスラ答えることができるかもしれません。しかしながら、想定外の質問はどうしてもきてしまうもので、そん...
転職活動にまつわるトラブル

入職すべきかどうかを考える上で、「面接を受ける側」が面接官のことを見ておくべき3つのチェックポイント【医師転職】

採用面接を受けに行った応募者の7割近くの方が、採用面接での経験によって入職意欲を増減させていると言われています。つまり、面接は入職するか否かを考え直す大きなきっかけとなっているということですね。 実際、私も療養型病院に採用面接を受けに...
採用面接での回答

【医師の転職】採用面接で「志望動機」の回答がなかなかまとめられない時に試したい3つの方法

転職において、必ずと言っていいほど質問されるのが「退職理由」「志望動機」ですが、その「志望動機」がなかなか上手く用意できないということがあります。 正直な話、「他より条件がよかったから応募した」「第二希望のところだから、それほど強い思...
転職活動にまつわるトラブル

【医師の転職】メンタル不調な中での転職活動で心がけるべき3つのポイント

現在の職場で、「仕事が上手くいかない」「上司や同僚との反りが合わない」「多忙過ぎて、心身の不調を自覚している」といった何らかの原因がある場合こそ、やはり転職を考えるものではないでしょうか。 ですが、そんな時こそメンタル不調が存在してい...
転職活動にまつわるトラブル

【医師の転職】「転職を繰り返してしまう…」時に見直したい職場選びの3つのポイント

私もあまり人のことは言えず、産業医として「2年ごとに転職を2度も繰り返してしまった」経験を経て現在に至っています。 ようやく現在の職場で落ち着いて勤務できるかな、と思っておりますが、その経験を踏まえて今回の記事では、「転職を繰り返して...
採用面接での回答

【医師の転職】希望年収を面接で「不採用にならない」「損をしない」で伝える上での3つのポイント

採用面接では、後半で「希望年収はいくらですか?」と質問されることが多いです。この希望年収、なかなか提示するのが難しく、「強気すぎる希望年収」ですと、不採用とされる可能性があるため、注意が必要です。 一方で、控えめすぎる希望年収を伝えて...
採用面接のトレーニング法

【医師の採用面接】複数の病院へ応募した場合、「面接を受ける順番」も重要である理由

一般的に病院での採用面接では、「経歴の確認・自己紹介→退職理由・志望動機→条件面の確認」といった流れで進んでいきます。 こうした流れを知っているか否か、あるいは「どのような質問が行われやすいか」といったことを知っているか否かによっても...
採用面接のトレーニング法

【医師の採用面接】「この人、上手くコミュニケーションできない人だな」と思われてしまうドクターの3つの特徴

医師の採用面接で、「コミュニケーション能力」が重要だということは昨今、至るところで言われていて耳にタコ状態だとは思いますが、それが実際に面接の場でできているかどうかは別問題です。 採用面接の場では、面接官の質問に応募者が答える、という...
採用面接での回答

【医師の採用面接】転職回数が多くなってしまっている時に面接を乗り切るための3つのコツ

「勤務期間が2年以内で転職している」「5年の間に3回以上転職をしている」といった場合ですと、やはり面接官は「本当にこの人を採用して大丈夫だろうか?」と警戒する可能性があります。 雇う側の立場に立てば、採用にもコストがかかる上に、職場の...
採用面接での回答

【医師の採用面接】志望動機を考える上でやってしまいがちな3つのNGパターン

採用面接を受ける際に、「職務経験の説明」「退職理由」「志望動機」は必ずと言っていいほど聞かれる事項ですので、用意しておきたいポイントです。 しかしながら、この「志望動機」を用意するのがなかなか難しく、ついついやってしまうNGパ...
タイトルとURLをコピーしました