【医師の転職】「内定」をめぐるトラブルを回避する方法

私が産業医の転職活動をしていた時のことですが、「先生が繰り上げで内定者となりました」と転職エージェントから報告を受けたことがありました。

最終選考まで残っていたのですが、「採用は別の医師で」ということになっていました。ところが、その内定の出た医師が「内定辞退をしたい」と申し入れしたため、私が次点で繰り上げ内定者となったわけです。

私としては、その企業が第一志望でしたので、「ぜひに」と返答したわけですが、そこで事態がまた変わります。採用担当者の上司が「もう一度選考をやり直す」と言い出しました。

「ええ…もう一度面接なの?」と思っていましたが、さらに「経験年齢の制限を設ける」とのことで、それに達しない私は応募することすらできませんでした。

そこで内心よかったなと思ったのは、今の職場に対して、「転職するので辞めます」とは伝えていなかったことです。実際、「内定を口頭で伝えたけど、やっぱやめた」というケースはあったりします。

ですので、「雇用契約書を取り交わすまで待ってから」現職場には伝えた方が確実だと思います。いくら面接で「馬が合う」様子であったとしても、「内定取り消し」の可能性があるので、「書面を取り交わす」までは待った方が無難だと思います。

口頭ではやはり、このような「取り消し」はありえます。書面で契約を取り交わすまでは慎重にいきましょう。

また、採用面接の場でも、「え?」ということを経験しております。

若手医師だった私が採用面接で経験した「ちょっと待ってよ…」というトラブルと対処法
私は後期研修医時代、最初から産業医になろうと思っていたわけではなく、「当直なし、オンコールなしという条件で転職できないだろうか?」と思って、リクルートドクターズキャリア に登録しました。 転職エージェントはすぐにその条件や、「年収も現...

をご参考にしていただければと思います。

人材紹介会社選びで迷っているなら

「医師の人材紹介会社を選ぶとしたら、どこを選ぶ?」と聞かれた場合、私は真っ先に「大手のエムスリーキャリア、リクルートドクターズキャリアがいいと思うよ」と答えます。

医師転職のエムスリーキャリア

リクルートドクターズキャリア

求人数も多く、幅広い求人も扱っている上に、「大手だから」という安心感は求人を出している病院側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。

「よく知らないから怖い」のは病院側も同じです。大手に依頼する安心感は、少なからず採用にも関わってくると思います。

大手以外の人材紹介会社に登録したこともありましたが、求人に関する提案力、転職エージェントのサポートの手厚さは、この2社が群を抜いているな、と感じております。医師の転職の中では難しいとされている産業医の転職で、内定を勝ち得たのはこの2社の紹介してくれた企業だけでした。

現に、3回目の転職の時に連絡した人材紹介はエムスリーキャリアとリクルートドクターズキャリアのみでしたし、今後また私が転職することがあるならば、またこの2社のみにサポートを依頼すると思います。

もし「どこの人材紹介会社に相談しようかな」と迷っておられるようでしたら、まずはエムスリーキャリアリクルートドクターズキャリア に登録の上、相談してみてはいかがでしょうか。

転職活動にまつわるトラブル回避法
ドクター面接塾
タイトルとURLをコピーしました