【医師の転職】採用面接前に「履歴書をもう一度見直す」べき理由

病院などに応募する場合、基本的には「では、履歴書をお送りください」ということになり、まずは書類選考が行われます。

次に採用面接、となるわけですが、ここでもう一度、隅々まで履歴書を見直しておくことをオススメします。というのも、面接担当者が質問をしてくるポイントは、「履歴書を見て、気になった点」であることが多いからです。

特に、下記のような点については、質問された場合にしっかり答えられるようにしておきましょう。

今までの職歴について

転職回数が多い、転科している、ブランクの期間がある、専攻医の研修期間中に退職している、といったことについては質問をされる可能性があります。

いわゆる「突かれると痛い」、答えづらい質問であるところでもありますので、しっかり回答を用意しておきましょう。

うつ病などの病気療養期間があったことをどう伝えるか
うつ病など、メンタル疾患で病気療養をすることは誰でも起こりうることだと思います。産業医をしていますと、ストレス耐性には自信があったという方がメンタル疾患になることを目の当たりにしているため、その認識を新たにしました。 ただ、採用面接の...
「前職をすぐ辞めてしまったのはなぜか?」という質問にどう答えるべきか
前職での勤務期間が短いと、採用担当者としては、「ははーん、人間関係に問題でもあったか」「上司と反りが合わなかったのかな?」「気に食わないことがあると、すぐ辞めてしまうのでは?」などと、思われてしまうことを覚悟する必要があります。 さら...
転科など「未経験」分野での転職における採用面接の3つのポイント
転科をして転職する場合、基本的には「未経験」となるわけですが、その場合の採用面接では「今までの経験を売りにする」ということはできません。 では、採用面接ではどのようなことを踏まえて回答すべきか、今回の記事では押さえるべき3つのポイント...
「ドロッポ医期間が長い」ことを指摘された時にどう返答するか?
「フリーランス」とはまた違った意味合いですが、常勤勤務医から「ドロップアウト」して、非常勤・スポットバイトなどで食いつないでいく医師を「ドロッポ医」と言ったりします。「ドロッポ」「泥医」などとも言ったりして、基本的には好ましくない蔑称、自虐...

回答については、上記の記事をご参考にしてみてはいかがでしょうか。

資格や研究分野について

専門分野はどういったものであり、どのような患者さんを診療してきたことが多かったかなどを聞かれることがあると思います。

こういった点は、自己PRにも繋がる部分ですので、聞かれることを想定してしっかり用意しておきましょう。答える際には、「こうしたことで貴院に貢献できますよ」という視点に立つことはお忘れなく。

医師の採用面接でよくしてしまいがちな3つのNG回答
採用面接でNGなこととしては、社会人として「NGなマナー」もあります。 また、その一方で回答の内容自体でも、医師国家試験の禁忌肢のように「踏んだら終わり」のようなものもあったりします。 もちろん、病院によってその基準は異...
昨今、「専門的な医師」よりも「色んな疾患を幅広く診れる医師」を求めている病院も多いです。その点はお忘れなく。

志望理由について

ほぼ面接では必ず聞かれるポイントです。記載内容が病院のニーズと合致しているかどうかといったところは改めて確認しておきましょう。

見直してみて、「あれ?ちょっとこれ、病院のニーズとズレちゃってるな…」と気づいた点がありましたら、面接で聞かれた際にリカバーできるように補足内容を考えておきましょう。

また、志望理由と同様に退職理由も質問されることは多いです。セットで回答を用意しておきましょう。

自己PRについて

こちらも志望理由同様、病院側のニーズと合致している医師像になっているかを改めて確認しましょう。「どのような医師を病院側は求めているのだろうか?」ということをしっかり把握した上で、回答をする必要があります。

なお、面接の担当者が見ているポイントとしては、1位「協調性」2位「真面目さ」3位「素直さ」であるというアンケート結果もあります。

医師の採用面接で面接官が「実務経験・能力、スキル」を見ることを最優先していない理由が分かりますか?
病院の採用面接にあなたが行ったとして、まず最初にアピールするとしたら、「実務経験や能力、スキル」を真っ先に考えるのではないでしょうか。 「こうした先端的な病院で研鑽を積み、こんなスキルを身につけた」とアピールしたり、「今でこんな論文を...
チーム医療をしっかり尊重し、同僚やスタッフと協調して真面目に働けますよ、というアピールをできるようにするとよろしいかなと思われます。

以上です。
採用面接には、あらかじめ送付した履歴書を必ず持参していくと、確認できるため「あれ?どんなことを書いたっけ…」ということはなくなります。原稿のように読み上げるのはよろしくないとは思いますが、チェック用にご用意いただいた方がいいと思います。

なお、どうしても緊張で「上手くしゃべれない…」「途中で何を喋ってるか分からなくなってしまった…」なんてこともあります。そんな時、転職エージェントが同席していてくれると心強く感じますし、フォローもしてくれます。

もし「採用面接は苦手で不安…」ということでしたら、ぜひエムスリーキャリアや、リクルートドクターズキャリア に登録して、ご相談いただくことをオススメします。

人材紹介会社選びで迷っているなら

「医師の人材紹介会社を選ぶとしたら、どこを選ぶ?」と聞かれた場合、私は真っ先に「大手のエムスリーキャリア、リクルートドクターズキャリアがいいと思うよ」と答えます。

医師転職のエムスリーキャリア

リクルートドクターズキャリア

求人数も多く、幅広い求人も扱っている上に、「大手だから」という安心感は求人を出している病院側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。

「よく知らないから怖い」のは病院側も同じです。大手に依頼する安心感は、少なからず採用にも関わってくると思います。

大手以外の人材紹介会社に登録したこともありましたが、求人に関する提案力、転職エージェントのサポートの手厚さは、この2社が群を抜いているな、と感じております。医師の転職の中では難しいとされている産業医の転職で、内定を勝ち得たのはこの2社の紹介してくれた企業だけでした。

現に、3回目の転職の時に連絡した人材紹介はエムスリーキャリアとリクルートドクターズキャリアのみでしたし、今後また私が転職することがあるならば、またこの2社のみにサポートを依頼すると思います。

もし「どこの人材紹介会社に相談しようかな」と迷っておられるようでしたら、まずはエムスリーキャリアリクルートドクターズキャリア に登録の上、相談してみてはいかがでしょうか。

採用面接のトレーニング法
ドクター面接塾
タイトルとURLをコピーしました