「専攻医をやめる」選択をした若手医師の転職が増え始めた背景とは【新専門医制度】

新専門医制度が2018年より開始となり、資格の取得や更新について大きな変化が起きました。私はその新専門医制度以前の「後期研修」をして専門医資格を目指していた身ですので、「うわ、これは今の専攻医の先生たちは大変だ…」とその差に驚きました。

その新専門医制度が始まり、転職市場にも大きな変化が起きつつあると言われています。そこで今回は、転職する上で知っておきたい、その転職市場における変化について書いてみたいと思います。

要件の「厳格化」がもたらした結果

「大学医局」に在籍している方が有利となっていると考えられます。また、内科系・外科系の専門医資格取得を中心に、かなり要件が厳格化している傾向にあります。

結果、旧来は「あまり多忙ではない市中病院で後期研修をして、なんとなく専門医資格を取得する」ということもできましたが、新専門医制度のスタートで、「はっきりと目的意識を持って、激務にも耐えられる医師」が専門医資格を取得するという流れになったように思います。

かつての私もそうでしたが、「なんとなく専門医を」と考えている医師はそこからドロップアウトしてくる、もしくは最初から専攻医にならないということを選択するのではないでしょうか。

「専門医資格を取得しない」働き方

上記の流れから、「専門医資格を取得しない」という働き方を選ぶドクターも以前より増加してきているのではないかと考えられます。

私自身も「滅私奉公する」といった働き方は無理ですし、「プライベートな時間を削ってまで専門医資格を取得する?それとも、QOMLを重視する働き方をする?」という二択を迫られた場合、間違いなく後者を選ぶと思います。

また、「結婚・出産・育児・介護」など、ライフイベントの変化によっても、「専攻医を途中で断念せざるを得ない」という可能性もあります。新専門医制度における「カリキュラム制度」利用をしたとしても、仕事と両立することが難しいという可能性もあります。

以前は珍しかった「専門医を取得しない」医師も今後は増えてくるのではないでしょうか。

非専門医の若手医師による転職増

では、こうした流れは求人にどのような影響を与えるかと言えば、

・以前は「専門医資格取得後の40~50代での転職」が多かった転職市場の中で、若手医師での転職が増加。

・都市部を中心とした「QOML重視の求人」に人気が増加。

・コロナ禍にもあまり求人数減に転じなかった訪問診療・自由診療、あるいは産業医、などを選択する人の増加。

などが考えられます。人気が集まる求人は、それだけ倍率が上がりますので、採用面接においてもしっかり対策をしておく必要があるという結果になると思います。

以上です。
若手医師、そして転職未経験ということでしたらやはり転職自体、あるいは採用面接にも不安を感じておられるドクターは多いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました