【医師の転職】「こんなはずじゃなかった…」を防ぐために採用面接で確認すべき3つのこと

せっかく転職したのに、「こんなはずじゃなかった…」と思ってしまうことはやはり避けたいところです。というのも、後悔が大きくて「短期間で再転職」ということになってしまうと負担も大きいですし、また経歴にも傷がつきかねません。

では、そんな転職を防ぐためにはどのようなことをすべきかということですが、やはり採用面接での「確認」にポイントがあると思います。そこで今回は、「こんなはずじゃなかった…」を防ぐために採用面接で確認すべき3つのことについて書いてみたいと思います。

「診療外」の業務についてしっかり確認する

「診療外」の業務で、「それぐらいなんとかなるな」と思っている場合であっても、実は結構負担が多いということもあったりします。

たとえば、委員会が複数あり、それらの会議毎回出席する必要があるような場合、「あれ?結構時間がとられるな。しかも診療が終わった後の時間外だし…」ということが起こりえます。

ですので、「診療外」の業務についてはしっかりと確認を行う必要があります。委員会であれば、どのような時間帯、頻度、長さで行われるのかといったことも質問しておくことが望まれます。

上層部と現場での認識の違いはないか

たとえば「当直・オンコールは免除」という条件で入職したとします。その際、院長ら上層部は承知していたとしても、現場レベルでは「え?なんであのドクターだけはそれが許されてるの?」と思っているなんてことも起こりえます。

ですので、「その条件は、現場の先生方は知っていて、ご理解いただけてるのでしょうか?」ということはしっかりと確認をとっておくことが重要です。

そうでないと、入職後に「え?なんか凄い敵愾心や疎外感を感じるんだけど…」ということも起こり得るので、注意した方がいいです。

「特別扱い」されると思われるような条件については、しっかりと現場とコンセンサスがとれているか確認をしておきましょう。

「現場を自分の目でしっかり確認する」ことも重要

あまり現場を確認せずに入職したところ、「え?こんな古い機器なの?」と思ってしまうことや、あるいは「え?こんなにスタッフの数が少ないの?」と思うこともあります。ですので、しっかりと「現場を自分の目でしっかり確認する」ことも重要です。

また、患者さんの層を知っておかないと、「え?外来であんまり専門特化した診療はできないぞ」と入職後に戸惑うことがあります。この点も、どのような患者さんが来るのか、診療する必要があるのかといったことはあらかじめ確認させてもらうことが重要だと思います。

採用面接と見学を同日に行うような際は特に、「実際に働く現場」を確認しておくことが重要です。
タイトルとURLをコピーしました