【医師のバイト】「非常勤外来」への採用率を上げるための3つのテクニック

医師のバイトで、特に「外来バイト」は人気があります。日中のみで研究日にバイトしやすい、時給も良いという利点があるためのようです。

ですが、人気があるが故に、都心で応募が集中するようなクリニック・病院では、「なかなか採用されない」ということが起こりえます。そこで今回は、「非常勤外来バイト」への採用率を上げるための3つのテクニックについて書いてみたいと思います。

まずは希望条件に合った求人へ素早く応募

とにかく人気の求人はすぐに充足してしまいます。そのため、まずはこまめに求人情報サイトをチェックしておきましょう。ただ、なかなか頻繁にサイトチェックが大変ということでしたら、エムスリーキャリアや、医師バイトドットコム
ですと、登録した希望条件の求人が出ると、メールで知らせてくれるサービスがありますので、ご利用いただくとよろしいかと思います。

また、希望条件の求人が出たら、迷わず応募をするようにしましょう。そのため、「どのような希望条件の求人がいいのか」ということについては、事前に整理しておきましょう。

採用面接でアピールすべきポイント

そもそも、クリニックや病院側がなぜ非常勤外来の医師を雇うかと言ったら、基本的には「常勤医師の負担軽減」「足りない人手を補うため」といった理由です。

そのため、

・外来にきた人たちを十分にさばけるか→1コマあたり何人ぐらい診療できるか?

・新患を多く引き受けて欲しい→診断・治療するための知識や経験があるか?

・クレームを発生させて欲しくない→患者さんへの接遇やコミュニケーションに問題はないか?

などの観点から採用面接ではチェックがなされると思われます。ですので、そのあたりを質問されても大丈夫かどうかは確認しておきましょう。

希望条件の見直しも時には必要

なかなか採用されないということでしたら、希望条件の見直しも必要かもしれません。

・通勤エリアを少し広げてみる

・時給が相場より高すぎないかチェック

・専門性の高すぎる外来(睡眠時無呼吸症候群外来など)を希望していたら、もう少し幅広い患者さんを診ることも検討

といった条件の見直しをしますと、求人が見つかるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました