【医師の採用面接】「経験なし・資格なし」のハンデを乗り越える上での3つのポイント

私も後期研修をドロップアウトし、一社目の産業医になる時には資格も「認定産業医と内科認定医…以上」のようなものでしたし、臨床経験もわずかばかり、という状態でした。その時の採用面接では、とても心細く感じていたことを覚えています。

やはり「経験なし・資格なし」はハンデとなりうると思いますが、そこでどのようにしてそのハンデを乗り越えたらいいのか、今回はそのことについて書いてみたいと思います。

入職後の成長を期待してもらうには

書類選考を通っているということは、「経験なし・資格なし」でも採用してもらう可能性は残っているということだと思います。そこでの合否はどこにかかっているかと言うと、「入職後の成長を期待できるかどうか」というところにあるのではないでしょうか。

具体的には、謙虚に学ぶ姿勢があることや、なぜ未経験の分野に惹かれているのか・熱意を持っているかといったことを示すことが必要であると思います。

「経験なし、資格なし…その上、やる気もなし」では話にもならないわけであり、「なぜこの仕事をしたいと思っているのか」という志望動機の部分を重点的に練って採用面接に臨むべきであると思われます。

「自信なさげ」はNG

「経験なし・資格なし」で必要以上に引け目を感じてしまい、「自信なさげ」になってしまうのはNGです。態度、表情、口調といったところにそうした部分が現れてしまうと、「この人、雇って本当に大丈夫?」と採用側も思ってしまいます。

採用面接に臨む際には、「誰でも未経験の時はある」ぐらいに思って、引け目や自信なさげな態度は見せるべきではないと思われます。

患者さんも医師の「安心感」は重要視しますよね。それは雇う側も同じだと思います。

「人柄採用」はバカにできない理由

実は面接官は、意外にも「実務経験・能力、スキル」を第一優先にはしていないという傾向にあります。

医師の採用面接で面接官が「実務経験・能力、スキル」を見ることを最優先していない理由が分かりますか?
病院の採用面接にあなたが行ったとして、まず最初にアピールするとしたら、「実務経験や能力、スキル」を真っ先に考えるのではないでしょうか。 「こうした先端的な病院で研鑽を積み、こんなスキルを身につけた」とアピールしたり、「今でこんな論文を...

m3.comの採用面接を担当したことのある医師を対象としたアンケートによりますと、「採用面接で応募者のどこを見るか?」という質問に、「1位 協調性、2位 真面目さ、3位 素直さ」という結果になったそうです。

実はほとんどの面接官が「入職した後、ほかの人と上手くやっていけるか」を重視しているようです。「人柄採用」は、どこかバカにされているような印象を抱きますが、実は内定を勝ち取るためには「人柄」はとても重要な要素だということです。

ですので、「協調性があり、真面目に、かつ素直に人の言うことを聞いて働いてくれそう」という印象を抱いてもらえるように採用面接対策をすることは重要だと思われます。

以上です。
産業医のように、「未経験が参入しづらい」という分野もありますので、そんな時は「未経験可」という求人を探す必要があります。そのような案内は、やはりエムスリーキャリアや、リクルートドクターズキャリア などの転職エージェントが得意とするところだと思いますので、ご登録の上、相談されてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました