医師の採用面接での「最後に何か質問はありますか?」のかわし方

医師の採用面接の場合、病院側の説明や定番質問(医師の採用面接「これだけは用意しておきたい」定番質問と答え方のポイント)などの後、「最後に何か質問はありますか?」と逆質問はあるのか聞かれることがあります。

ただ、ここで給料などの条件面での質問、「残業はどれぐらい?」と勤労意欲を疑われてしまうような質問は一般的にNGとされています。

もしこういったことを聞きたいということでしたら、内定が出た後に確認したり、あるいは人材紹介会社の転職エージェントを介して質問をするといったことが望ましいのではないでしょうか。

また、「それはちょっと調べれば分かることでしょ」といった質問も、下調べが不十分であると思われてしまうかもしれません。ですので、「逆質問でアピールを狙う」というよりは、「かわす」ということも一つの考え方だと思います。

ただ、「最後に何か質問はありますか?」と質問されて、「ありません」とだけ返すのはやはり印象がよろしくないと思いますので、以下のような返答方法はいかがでしょうか。

・今まで丁寧にご説明していただきましたのでございません。ありがとうございました。

・今まで丁寧にご説明していただきましたのでございません。より入職したいという意欲が高まりました。ありがとうございました。

・今まで丁寧にご説明していただき、大変よく理解できました。一つだけお聞きしたいのですが、結果はいつ頃までにご連絡いただけますでしょうか?

などのバリエーションがあるでしょうか。こうしたかわし方を用意しておき、逆質問で答えるてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました