【医師の採用面接】目立つ腕時計・アクセサリーは避けるべき理由

腕時計やアクセサリーは「普段からつけているから」と、あまり気にせずにそのまま採用面接にしていくという方もおられます。ですが、意外と面接の担当者はそうした腕時計やアクセサリーを見ていたりします。

そうした装飾品だけで落とされる、ということはないとは思いますが、やはり心象という面で左右する可能性はあり、目立っていたり、華美なものは避けたほうが無難だとは思います。

というのも昨今、SNS上では医師が華美なアクセサリーをしているというだけで「医療従事者が、仕事中にそのネックレスはどうなんだ」などとコメントされる時代だったりもします。患者さんのクレームに神経質となっている病院だったりしますと、やはり気にされるところもあるかもしれません。

ですので、今一度、普段づかいしている腕時計・アクセサリーでも、「目立たないかどうか」というところはチェックしておいた方がいいと思います。

スーツでもそうですが、悩んだら「無難なものにしておく」方がベターだと思います。

なお、意外と「見られている」ということで言うと、結婚指輪も目立つ装飾・形状のようなものですと見られて、変なイメージを持たれてしまう可能性もあったりします。シンプルなデザインであったら問題ないのですが、その点も注意しておいた方がいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました