【医師のバイト面接】志望動機で「収入アップのため」という本心を伝えるべきではない理由

医師が常勤の勤務先以外にバイトをするとなると、その目的は「お金」以外であることは珍しいのではないでしょうか。常勤先より実入りが良いため、バイトをするドクターが多いのであって、「常勤並みの給料」だったらやろうという人はきっと少ないでしょう。

では、その志望動機を直接、面接担当者にぶつけていいものかと言いますと、やはりあまり望ましくはないと思います。その理由としては、

・「志望動機を聞いてるのに、本音とはいえ、いきなりお金の話をするのはどうなの?」と思われてしまう可能性が高い。

・報酬がよければ、あっさり他の施設に移る可能性が高いと思われてしまう。

・質問の意図とは異なる回答をしているという意味で、コミュニケーションが不得手なのかもしれないと思われてしまう。

などのことが挙げられます。

では、非常勤求人でどのように志望理由を答えるべきか、ということですが、それは以下のような「場合分け」ができると思います。

・常勤先での業務、今までの経歴に近いバイト求人→さらなるスキルアップ、今までの経験を活かしたいから。

・常勤先での業務、今までの経歴から遠いバイト求人→新たな分野での経験を積みたい、チャレンジしたいから。

といった方向性で志望動機を語ることができるのではないでしょうか。たとえば、内科のドクターが「内科での外来バイトに応募する」ということでしたら、今までの知識・経験を活かして業務を行いたいということになると思います。

一方で、病棟・外来のみで勤務していたドクターが「訪問診療のバイトに応募」するのでしたら、「将来的に開業を考えており、その時のために知識・経験を積みたい」といったことを答えることができるのではないでしょうか。

くれぐれも「年収アップのため」とは答えないようにして、ぜひ回答を準備して採用面接に臨んでいただければと思います。もし「応募してるけど、なかなか採用に至らない」ということでしたら、エムスリーキャリアや、リクルートドクターズキャリア などのエージェントにアドバイスを求めたり、面接への同席を求めたりといったことも内定の可能性をアップすることに役立つと思いますので、一度ご相談いただいてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました