【医師の採用面接】「覇気がない」「暗い」とマイナスイメージを抱かれてしまう人の3つの特徴

採用面接で、「どうも覇気がない人だなぁ」「暗いなぁ」とマイナスなイメージを抱かれてしまう応募者がいます。

もちろん、元々の性格というのはあるでしょうが、「面接の場」ということで言いますと、それだけの要因ではありません。つまりは、「面接では上手くやれる人」というのもいるわけです。

では、その違いとは一体何なのかと言いますと、以下の要因が挙げられると思います。

声が小さい

声が小さいと、聞こえづらいことに加えて、「覇気がないなぁ、暗いなぁ」というイメージを抱かれやすくなってしまいます。

特に日頃から声が小さくて、「外来でもよく聞き返されてしまう」というような方でしたら、「挨拶から声を張ろう」と心がけてから面接に臨んだ方がよろしいかと思います。

また、猫背な方だと陰気なイメージを抱かれてしまう上に、声が出にくいです。しっかりと背筋を正しておくべきです。

笑顔がなく無表情

いつも笑顔でいるというのは逆に不自然ですが、あまり無表情すぎるのも「陰気な人だなぁ」と思われる要因となってしまいます。

ですので、面接のイントロダクションの部分である、挨拶や自己紹介の場面では笑顔でいるように心がけることも好印象を抱かせる上で大事なことであると思います。

疲れが顔に出てしまっている

面接の前に忙しかったり、あるいはあまり十分に睡眠時間をとることができないようなこともあるかもしれません。そんな時に「疲れが顔に出てしまう」ということもあるかもしれません。

この「疲れが顔に出てしまっている」というのも、イメージとしてはよろしくありません。ですので、前日にオンコールや当直がある日を面接日に指定しないといったことも必要なことであると思います。

また、面接前にしっかりと鏡で、「目の下にクマがないか、目は充血していないか、顔色は悪くないか」ということはしっかりと確認をしておくようにしましょう。

以上です。
確認のためには、

採用面接で効果的な「スマホで面接の練習姿を撮影する」だけトレーニング
採用面接では、イメージトレーニングも大事です。ただ、それだけですと、「自分の姿を客観的に見る」という視点が不足しており、不十分なことがあります。 イメージの中では、きっと「デキる自分」になっているはずですからね。 ...

といった練習法も効果的です。また、面接に苦手意識が強いということでしたら、エムスリーキャリアや、リクルートドクターズキャリア の転職エージェントにアドバイスを求めたり、面接への同席を求めるといったこともできますので、ご相談いただいてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました