【医師のバイト】倍率の高い「外来バイト」をゲットするための採用面接での3つのコツ

医師のバイトで、寝当直とともに人気が高いのは「外来バイト」です。特に都心部ですと倍率は高く、かなりの激戦となります。実際、「応募したけど、採用されなかった」なんてことも珍しくありません。

そんな人気の「外来バイト」を獲得するための、採用面接での3つのコツについて今回は書いてみたいと思います。

採用側の求める知識・経験があるとアピール

たとえば内科外来と一口に言っても、

・クリニックでジェネラルな診療が求められる一般内科
・地方の総合病院で、ある程度専門性が求められるが、その他の領域も幅広く診られる専門外来
・特定の分野に特化した診療を担当する専門外来

なのか、それぞれのニーズは異なります。その点、採用側が求める「求める知識・経験がある」と端的にアピールできるかどうかが採用のキーとなることは間違いないでしょう。

ですので、まずは「履歴書・経歴書」で、採用側の求めている人材に合致した「経験・実績があります」とアピールすることが第一歩となると思います。

【医師のバイト】「非常勤外来」への採用率を上げるための3つのテクニック
医師のバイトで、特に「外来バイト」は人気があります。日中のみで研究日にバイトしやすい、時給も良いという利点があるためのようです。 ですが、人気があるが故に、都心で応募が集中するようなクリニック・病院では、「なかなか採用されない」という...

特に、「どのような患者さんの層を診療してきていて、1コマあたりどのぐらい診療できるか」という定量化も意識しておくとアピールしやすいです。

【医師の採用面接対策】日々の業務を「意識化」「定量化」をするクセをつけるべき理由
会社員の中途採用試験ではよくある質問ですが、「今まで一番大変だった仕事はなんですか?」「今までの仕事で、最も力を入れて頑張った仕事はなんですか?」というものがあります。 産業医の転職活動をしていた頃、あまり採用面接自体にも慣れていなか...

チーム医療を意識し、温和な人柄のアピール

昨今、医療分野の採用では、「コミュニケーション能力の高い人物」が求められる傾向にあります。その目的としては、

・患者からのクレーム対策
・医療スタッフ、コメディカルを大切にしてほしい。

といったことが挙げられると思います。とどのつまりは、「チーム医療をしっかりと意識できて、患者さんへの当たりもソフトでクレームを発生させないような医師を求めている」と言えると思います。

ですので、「チーム医療を意識し、温和な人柄」をしっかりとアピールできるかどうかも大事です。

医師が非常勤バイト面接で落とされてしまう3つのNGパターン
非常勤バイト、特に外来バイトは人気で、すぐに充足してしまう、あるいは「応募しても他のドクターが雇われることになった」ということも珍しくなくなってきています。 そもそも非常勤バイト、特に外来や当直、病棟管理などは基本的に「忙しい常勤の負...

身だしなみ・表情・声量を意識

中には、「どうせバイトの面接だろ」と、髪もボサボサ、無精髭の上にいい加減な格好で面接にくるような人もおられるようです。ですが、これは当然NGです。見た目の清潔感、服装も採用面接では重要です。

医師の採用面接で「身だしなみ」などのマナーをどうすべきか?
医師の採用面接で、「身だしなみ」をどうすべきかと聞かれたら、 男性:落ち着いた黒または紺系のスーツ、白シャツ、シンプルなデザインのネクタイ、清潔感のある髪型(髭は整えておき、無精髭はNG) 女性:シンプルなデザインのスーツ、アクセサ...

また、無表情で笑顔がない、あるいは「声が小さい」ということもマイナスな印象をもたれてしまう要因となっています。採用側も、「暗い人」をあえて採用したいとは思わないでしょう。ある程度の明るさ、快活さというのはアピールしてしかるべきだと思います。

【医師の採用面接】「覇気がない」「暗い」とマイナスイメージを抱かれてしまう人の3つの特徴
採用面接で、「どうも覇気がない人だなぁ」「暗いなぁ」とマイナスなイメージを抱かれてしまう応募者がいます。 もちろん、元々の性格というのはあるでしょうが、「面接の場」ということで言いますと、それだけの要因ではありません。つまりは、「面接...

以上です。
なお、私は外来バイトをリクルートドクターズキャリア に紹介してもらい、採用されています。また、エムスリーキャリアでは、求人数も多い上にエムスリーポイントも貯まる求人もありますのでおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました