転職活動中は「転職をポジティブに考えるべき」3つの理由【医師の採用面接対策】

転職活動中は、とかく「転職、失敗したらどうしよう…」「転職してみて、後悔したらどうしよう…」という思いがつきまといます。

実際、私も初めての転職活動の時は、「転職したとしても、上手くいく保証はないよな…」などと妙にネガティブな気持ちになっていました。

そんな時こそ、「転職してきっと上手くいく」「満足のいく転職ができるはず」とポジティブに捉えることが大切です。それは単なる精神論的なことではなく、実は採用面接にも関わってくることだからです。

今回の記事では、「転職活動中は、転職をポジティブに考えるべき3つの理由」と題して、書いてみたいと思います。

「退職理由」を答える上で大切であるから

そもそも退職・転職を考える人は、今の職場に大なり小なり不満を抱えているはずです。ただ、そうした不満を採用面接でそのまま言っていいかというと、話は別です。

【医師の転職】採用面接で「転職・退職理由」をどう語るべきか
医師の転職・退職理由としては、年代によっても傾向が異なっています。20~30代の若手ですと、「資格取得のため」あるいは「経験を積みたい」という理由や、「業務がしんどすぎて、負荷を軽減したい」という理由などが比較的多いと言われています。 ...
【医師の採用面接】「退職理由」を語る上でマイナスイメージを持たれないようにするための3つの工夫
職場を退職したり、転職しようとする上で「なんにも文句がないのに辞める」なんてことは珍しいわけであり、「忙しすぎる」「忙しいわりに給料が少ないと感じる」「人間関係がイヤだから」などなど、少なからず不満を感じる点があるのではないでしょうか。 ...
【医師の退職理由】「忙しすぎて辞めたい」「当直が多すぎる」「給料をアップさせたい」といった本音の上手い言い換えまとめ
採用面接では、やはり本音ダダ漏れというのは望ましくなく、ある程度は「本音と建前」を分ける必要があると思います。 たとえば退職理由を聞かれて、「忙しすぎるから!」「もう当直したくない!」「給料アップしておくれ!」と本音をぶちまけてしまう...

こうした記事の通り、やはり退職理由は「○○をしたいために、転職を考えました」といったポジティブなものを語るべきであると思われます。

そこで転職活動中、転職をポジティブに捉えられていると、「転職したらこのようなことができるはず」といった思考になり、採用面接でも上手く語れるようになるのではないでしょうか。

採用面接では「明るさ」「快活さ」も重要

採用する側にとって、応募者の「明るさ」「元気・快活さ」というのも重要な見るべきポイントとなります。

というのも、採用した人が妙に暗かったり、元気がない場合、他のスタッフにも悪影響を与えかねません。さらに言えば、中途採用の人に「職場になじんで、上手く溶け込んで欲しい」と思っているわけで、やはり「明るさ」「元気・快活さ」も重視します。

【医師の採用面接】「覇気がない」「暗い」とマイナスイメージを抱かれてしまう人の3つの特徴
採用面接で、「どうも覇気がない人だなぁ」「暗いなぁ」とマイナスなイメージを抱かれてしまう応募者がいます。 もちろん、元々の性格というのはあるでしょうが、「面接の場」ということで言いますと、それだけの要因ではありません。つまりは、「面接...

面接前から暗く、ネガティブな気持ちになっていますと、知らずとその状態を引きずって採用面接に臨んでしまう可能性があります。そのため、普段からできるだけポジティブに考えておくことも面接においては重要な要素であると考えられます。

転職活動中は「判断」を求められる場面が多いから

転職活動中、「どこの求人に応募するか」「採用面接を受けて内定が複数出た場合、どこに入職するか」など、いくつもの判断を求められることになります。

採用面接中ですら、「質問に、どの答えを言うべきか」「入職希望時期をいつにするか」「希望年収をいくらに設定するか」など、これまた判断の連続です。

そこでネガティブな気持ちのまま様々なことを判断しようとすると、自信を失ってしまうことから、誤った判断をしてしまう可能性もあります。ですので、やはりポジティブに物事を捉え、判断できる状態に気持ちを持っていくことは転職活動全般においても重要なことだと思います。

以上です。
やはり転職活動中、「できるだけポジティブに物事を考えよう」「転職はきっと上手くいく」と思い続けることも大事なことだと思います。

ただ、時には弱気になってしまう気持ちも分かります。そんな時こそ、リクルートドクターズキャリア や、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにネガティブな気持ちを吐き出すことも大事であると思います。きっとよき伴走者になってくれると思いますので、まずは相談されてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました