【医師の採用面接】志望動機を考える上でやってしまいがちな3つのNGパターン

採用面接を受ける際に、「職務経験の説明」「退職理由」「志望動機」は必ずと言っていいほど聞かれる事項ですので、用意しておきたいポイントです。

医師の採用面接「これだけは用意しておきたい」定番質問と答え方のポイント
一般的に、採用面接では定番の質問がなされます。中にはちょっとひねった質問で反応を見たい、ということはあるかもしれませんが、採否を判定するのはほぼ「定番質問」となります。 その定番の質問というのは、 ・職務経験について ・退職(...

しかしながら、この「志望動機」を用意するのがなかなか難しく、ついついやってしまうNGパターンというものが存在します。今回の記事では、そんな注意したいNGパターンについてご紹介したいと思います。

どの病院でも当てはまるような内容

採用側の立場からすると、やはり「ウチじゃなきゃダメな理由」を探しているはずです。そこで、志望動機を「どこの病院でも当てはまりそうな内容」で言われると、がっかりしてしまうはずです。

そこで、「入職を希望する病院で、どのような医師でありたいのか/どのような仕事をしたいのか」を想像し、そこから逆算するように「これこれこういった理由でこの病院を選びました」と書くようにすると、より独自性の高い志望動機になると思います。

たとえば、「今までは大学病院で専門性の高い患者さんの診療に当たって参りましたが、より幅広い疾患を、全人的に診る機会を得たいと考えていました。貴院のような地域の基幹病院であれば、それができると考えております」などといったことで話すとよろしいのではないでしょうか。

良いイメージばかりを語る

入職を希望する病院の「良いイメージ」ばかりを語る、いわゆる「ゴマすり」的な内容も、「本当にここでの仕事を理解しているのか?」と思われてしまう原因となってしまいます。

仕事のどのような点が大変なのかも理解していますよ、という点についても触れ、さらには「その大変さも乗り越えられますよ」といった内容で話をすることも大事なポイントとなると思います。

たとえば、「様々な疾患を持つ患者さんを診療するということは、幅広い知識や経験が必要になることは承知しております。その点、必要があれば他科の先生方の意見やアドバイスを伺うといったことをしていきたいと思っております」といった内容を付け加えることになるでしょうか。

仕事内容の把握が不十分

求人情報、採用側のニーズをしっかりと把握しておらず、的はずれな志望動機を語ってしまうこともNGです。どのようなことを求められているのか、という視点で求人情報や病院のホームページを改めて見ておくことも重要です。

この点、役職なしなのか、管理職なのかということでも「求められていること」は異なります。ですので、どのようなポジションでの採用なのかも確認しておきたいポイントです。

ただ、採用側のニーズやスタンスが分かりづらいという求人はたしかにあるため、その点はリクルートドクターズキャリア や、エムスリーキャリアなどの転職エージェント経由で求人を紹介してもらっているようでしたら、あらかじめ教えてもらうことも重要です。

タイトルとURLをコピーしました