【医師の転職】メンタル不調な中での転職活動で心がけるべき3つのポイント

現在の職場で、「仕事が上手くいかない」「上司や同僚との反りが合わない」「多忙過ぎて、心身の不調を自覚している」といった何らかの原因がある場合こそ、やはり転職を考えるものではないでしょうか。

ですが、そんな時こそメンタル不調が存在しているもので、不眠や抑うつ状態などと付き合いつつ転職活動をせざるを得ないということもあるのではないでしょうか。

私も後期研修をドロップアウトした後の転職活動は、その時のメンタル不調を引きずって大変でした。

そこで今回の記事では、「メンタル不調な中での転職活動で心がけるべき3つのポイント」と題しまして、メンタル不調下での転職活動についてお知らせしたいと思います。

誰しも浮き沈みはあると理解

メンタル不調な状態ですと、「どうせ自分なんか…」と思ってしまい、ネガティブな感情が出てしまったり、あるいは自信のなさが面接官に伝わってしまう可能性もあります。

そのような印象一つでも、大きなマイナスイメージに繋がる可能性があります。自己紹介/自己PRの場面で、「自分には強みとなるものなんてない…」と思って言葉に詰まってしまうこともあると思います。

メンタル不調の時に受けた採用面接では、自己PRの場面で、ついつい自分で言いながら「ウソくさいなぁ」などと感じてしまったこともありました。

ですので、採用面接の際には、「ちょっと今は不調で落ち込んでしまっているけども、誰しも浮き沈みはある。もう少しコンディションがよければそんなことはない、ちゃんと仕事はできるんだ。アピールする強みもある」とあらかじめ思って臨むことが重要だと思います。

「過少申告」にはご注意を

転職においては、「本当に新しい職場で働けるのか?仕事はできるのか?」と不安や心配になることもあるでしょう。

それに輪をかけて、メンタル不調の時だとついつい自分のできること、業務上のパフォーマンスを「過少申告」してしまう可能性があります。

たとえば、面接官に「この仕事はできますか?」と質問されて、状態が良ければ「できます」と即答できるのに、「いや、その…できるかどうか…その…」と口ごもってしまうようなケースが考えられます。

この点も、上記同様にですが、「状態が落ち着いている時」のことを考え、過少申告しすぎない、心配しすぎないことを心がけたいところですね。

「焦らない」ことは重要

メンタル不調な状態の時、その程度問題も重要なポイントだと思います。本来なら休養が必要、治療が必要なのにも関わらず、ついつい焦ってしまって転職活動を無理やりやってしまうということもあり得るのではないでしょうか。

もしメンタル疾患で通院中ということでしたら、やはり主治医に「転職活動を行っていいものでしょうか?」と相談しておくことが重要だと思います。

また、受診していなかったとしても、転職活動で失敗が続いている時などは、「ちょっと一度、休んだ方がいいかもしれないな」と思い、休養して状態が回復するまで待つのも大事なことだと思います。

以上です。
メンタル不調の時こそ、転職活動における相談役やアドバイザーが重要です。上手くいかないと感じておられるようでしたら、まずはリクルートドクターズキャリア や、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました