【医師の転職】採用面接で「志望動機」の回答がなかなかまとめられない時に試したい3つの方法

転職において、必ずと言っていいほど質問されるのが「退職理由」「志望動機」ですが、その「志望動機」がなかなか上手く用意できないということがあります。

正直な話、「他より条件がよかったから応募した」「第二希望のところだから、それほど強い思い入れはない」などですと、志望動機を言えと言われても、正直にはなかなか伝えられないですよね。

本音と建前はやはり分ける必要があります。実際、本音全開で語ってしまって落とされている人もいますので、ご注意を。

そこで今回の記事では、採用面接で「志望動機」の回答がなかなかまとめられない時に試したい3つの方法と題して、志望動機を準備するための方法について書いてみたいと思います。

「転職をしようと考えた動機」の延長で回答

「急に解雇された」といったこと以外であれば、転職するにはなんらかの動機が伴うはずです。

たとえば、「多忙すぎて、心身ともに限界だったから」という動機があったとしたとします。そこから「現職では多忙過ぎて、患者さん一人ひとりの診療へあまり時間をかけることができませんでした。そこで今後は、貴院で患者さんたちとしっかり向き合う診療を行いたいと思っています」といったことを回答するのはいかがでしょうか。

このように、そもそもの「転職をしようと考えた動機」から志望動機を考えるのも手ではあると思います。

「転職して何がしたいのか」から回答

転職を行い、実際に入職したとして、そこで「どのようなことをしたいのか」を考えるのも、志望動機を準備する上では有効です。

ただ、この点は転職先の「採用する医師に期待していること」とミスマッチしてしまいますと、採用されない可能性がありますので、リクルートドクターズキャリア や、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにあらかじめ相談しておき、「病院側が望んでいること」を確認しておくことが必要であると思います。

求人先のニーズ、雰囲気、コメディカルを含めた人間関係の様子などを確認しておくことは、入職後でもとても重要なことです。面接対策以前に、転職エージェントにぜひ確認しておきましょう。

「今までの実務経験から」回答

今までのキャリア、実務経験を下に、「それを活かすことで、貴院ではこんな活躍ができますよ」とアピールすることも志望理由の一つとなります。

しっかりと今までのキャリア・業務の振り返りを行うこと自体、採用面接では「自己PR」として一つの武器になりますので、これは志望理由を考える以上の効果があるのでオススメです。

一方で、これも上記の「転職して何がしたいのか」にも通ずるところですが、やはり採用側のニーズと合っているかどうかの確認が必要です。その上で、「こんなことができますよ」とアピールするのは志望理由として十分に成り立つと思われます。

以上です。
志望理由とともに、採用面接では必ず聞かれる定番質問というものがあります。その点につきましても、

医師の採用面接「これだけは用意しておきたい」定番質問と答え方のポイント
一般的に、採用面接では定番の質問がなされます。中にはちょっとひねった質問で反応を見たい、ということはあるかもしれませんが、採否を判定するのはほぼ「定番質問」となります。 その定番の質問というのは、 ・職務経験について ・退職(...

をご参考にしていただき、あらかじめ準備して採用面接に臨んでいただけたらと思われます。

タイトルとURLをコピーしました