採用面接で「上手く質問に答えられない」ことの原因と対策【医師転職】

採用面接では、「上手く答えることができなかったなぁ…」という質問が往々にしてあるものです。

もちろん、想定していた質問がきたならば、スラスラ答えることができるかもしれません。しかしながら、想定外の質問はどうしてもきてしまうもので、そんな時についしどろもどろとなってしまい、「上手く答えられない…」となってしまうわけです。

では、その採用面接で「上手く質問に答えられない」ことの原因は何かと言いますと、以下のようなものがあります。

自己分析不足

採用面接において、応募者は「自己分析を行う」→「その内容を言語化して伝える」ということを求められています。

となりますと、まずはしっかり自己分析を行う必要がありますが、それができていないということになりますと、やはり質問に答えることができないということになってしまいます。

自己分析、特に「今までの業務でどのようなことを行ってきたか」ということをしっかり整理することは重要です。

・どのような症例をどのぐらい担当してきたか。

・入院患者や外来患者をどの程度診療してきたか(どのぐらいの患者さんを診療してきたか、定量化することも重要)。

・管理職として入職するなら、マネジメントとしてどのようなことを行ってきたか。

・今までの知識や経験をもとに、新たな職場でどのようにそれを活かすことができるのか。

といったことをまとめておくようにしましょう。

「よく聞かれる質問」から展開

採用面接では、「よくある質問」というものがあります。

医師の採用面接「これだけは用意しておきたい」定番質問と答え方のポイント
一般的に、採用面接では定番の質問がなされます。中にはちょっとひねった質問で反応を見たい、ということはあるかもしれませんが、採否を判定するのはほぼ「定番質問」となります。 その定番の質問というのは、 ・職務経験について ・退職(...
医師の採用面接「これだけは用意しておきたい」定番質問と答え方のポイント
一般的に、採用面接では定番の質問がなされます。中にはちょっとひねった質問で反応を見たい、ということはあるかもしれませんが、採否を判定するのはほぼ「定番質問」となります。 その定番の質問というのは、 ・職務経験について ・退職(...

特に、

・職務経験について

・退職(転職)理由について

・志望動機/自己PR

などはまさしく「よくある質問」となります。こうした質問から、「深堀りされるポイントはないか」と考えることも重要です。志望/退職理由を考えた上で、「ここ、ツッコまれる可能性あるな」と準備しておくことも、「答えることができない…」を減らすコツになります。

失敗を引きずらない、気持ちの切り替えも重要

質問に上手く答えられないと、そこで一気に慌ててしまったり、しどろもどろになってしまう可能性があります。そうなりますと、本来なら答えられられるはずの質問にも答えられなくなってしまうなんてこともありうるわけです。

そもそも、全ての質問に答えられないからといって落とされるなんてことはありません。ですので、たとえ上手く答えられなかった質問があったとしても、そこで気持ちを切り替え、失敗を引きずらないことも重要です。

以上です。
採用面接は、まさしく「水物」という部分があります。流れによって、上手くいくこともあれば、上手くいかないこともあり得るわけです。

そんな時、転職エージェントが面接に同席してくれていますと、フォローを期待することもできます。実際、私は転職エージェントに何度となく面接で助けていただいています。

もし採用面接が苦手、緊張しやすいということでしたら、迷わずリクルートドクターズキャリア や、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談した上で求人を紹介してもらい、採用面接にも同席してもらうことをおすすめしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました