採用面接での回答

採用面接での回答

採用面接で「上手く質問に答えられない」ことの原因と対策【医師転職】

採用面接では、「上手く答えることができなかったなぁ…」という質問が往々にしてあるものです。 もちろん、想定していた質問がきたならば、スラスラ答えることができるかもしれません。しかしながら、想定外の質問はどうしてもきてしまうもので、そん...
採用面接での回答

【医師の転職】採用面接で「志望動機」の回答がなかなかまとめられない時に試したい3つの方法

転職において、必ずと言っていいほど質問されるのが「退職理由」「志望動機」ですが、その「志望動機」がなかなか上手く用意できないということがあります。 正直な話、「他より条件がよかったから応募した」「第二希望のところだから、それほど強い思...
採用面接での回答

【医師の転職】希望年収を面接で「不採用にならない」「損をしない」で伝える上での3つのポイント

採用面接では、後半で「希望年収はいくらですか?」と質問されることが多いです。この希望年収、なかなか提示するのが難しく、「強気すぎる希望年収」ですと、不採用とされる可能性があるため、注意が必要です。 一方で、控えめすぎる希望年収を伝えて...
採用面接での回答

【医師の採用面接】転職回数が多くなってしまっている時に面接を乗り切るための3つのコツ

「勤務期間が2年以内で転職している」「5年の間に3回以上転職をしている」といった場合ですと、やはり面接官は「本当にこの人を採用して大丈夫だろうか?」と警戒する可能性があります。 雇う側の立場に立てば、採用にもコストがかかる上に、職場の...
採用面接での回答

【医師の採用面接】志望動機を考える上でやってしまいがちな3つのNGパターン

採用面接を受ける際に、「職務経験の説明」「退職理由」「志望動機」は必ずと言っていいほど聞かれる事項ですので、用意しておきたいポイントです。 しかしながら、この「志望動機」を用意するのがなかなか難しく、ついついやってしまうNGパ...
採用面接での回答

【医師の採用面接】「退職理由」を語る上でマイナスイメージを持たれないようにするための3つの工夫

職場を退職したり、転職しようとする上で「なんにも文句がないのに辞める」なんてことは珍しいわけであり、「忙しすぎる」「忙しいわりに給料が少ないと感じる」「人間関係がイヤだから」などなど、少なからず不満を感じる点があるのではないでしょうか。 ...
採用面接での回答

【医師のバイト面接】志望動機で「収入アップのため」という本心を伝えるべきではない理由

医師が常勤の勤務先以外にバイトをするとなると、その目的は「お金」以外であることは珍しいのではないでしょうか。常勤先より実入りが良いため、バイトをするドクターが多いのであって、「常勤並みの給料」だったらやろうという人はきっと少ないでしょう。 ...
採用面接での回答

【医師の採用面接】「経験なし・資格なし」のハンデを乗り越える上での3つのポイント

私も後期研修をドロップアウトし、一社目の産業医になる時には資格も「認定産業医と内科認定医…以上」のようなものでしたし、臨床経験もわずかばかり、という状態でした。その時の採用面接では、とても心細く感じていたことを覚えています。 やはり「...
採用面接での回答

【医師のバイト】「非常勤外来」への採用率を上げるための3つのテクニック

医師のバイトで、特に「外来バイト」は人気があります。日中のみで研究日にバイトしやすい、時給も良いという利点があるためのようです。 ですが、人気があるが故に、都心で応募が集中するようなクリニック・病院では、「なかなか採用されない」という...
採用面接での回答

【医師の採用面接】転職回数が多いことを経歴紹介でどう説明すべきか?

私も30代で3回の転職経験があり、「転職回数が多い」という自覚があります。だからこそ、採用面接で「では、ご自身の経歴紹介をお願いします」と言われた時には「堪え性がない、すぐに転職してしまうタイプだ」とは思われないように気をつけています。 ...
タイトルとURLをコピーしました