採用面接のトレーニング法

採用面接のトレーニング法

【医師の転職】採用面接前に「履歴書をもう一度見直す」べき理由

病院などに応募する場合、基本的には「では、履歴書をお送りください」ということになり、まずは書類選考が行われます。 次に採用面接、となるわけですが、ここでもう一度、隅々まで履歴書を見直しておくことをオススメします。というのも、面接担当者...
採用面接のトレーニング法

【医師の採用面接対策】日々の業務を「意識化」「定量化」をするクセをつけるべき理由

会社員の中途採用試験ではよくある質問ですが、「今まで一番大変だった仕事はなんですか?」「今までの仕事で、最も力を入れて頑張った仕事はなんですか?」というものがあります。 産業医の転職活動をしていた頃、あまり採用面接自体にも慣れていなか...
採用面接のトレーニング法

採用面接で効果的な「スマホで面接の練習姿を撮影する」だけトレーニング

採用面接では、イメージトレーニングも大事です。ただ、それだけですと、「自分の姿を客観的に見る」という視点が不足しており、不十分なことがあります。 イメージの中では、きっと「デキる自分」になっているはずですからね。 ...
採用面接のトレーニング法

採用面接での回答は「30秒前後」を目安に話すべき理由

採用面接でよくやってしまいがちなのが、「ダラダラと喋り過ぎてしまう」ということです。これがなぜダメなのかと言うと、面接官も「何が要点なんだろう?」と分からなくなってしまうからです。 45秒~1分程度話してしまいますと、話の内容が掴みづ...
採用面接のトレーニング法

採用面接後は「分析はしても、反省はすべきではない」と思う理由

採用面接の後、ついつい「あそこが上手く答えられなかった…」といったことや、「緊張して上手く話せなかった…」など、色んなことを反省してしまいがちです。ですが、この反省はすべきではないと思います。 というのも、この反省を引きずってもいいこ...
採用面接のトレーニング法

採用面接が得意になるためにしておいた方がいいと思うこと

採用面接が得意になるためには、結論を言えば「準備」と「練習」あるのみです。最初から得意な人はおらず、しっかりと下準備をした上で、何度か採用面接を繰り返していく内に上手くなっていくと思います。 では、その下準備と練習をどうするかというこ...
タイトルとURLをコピーしました