2021-10

採用面接のトレーニング法

採用面接後は「分析はしても、反省はすべきではない」と思う理由

採用面接の後、ついつい「あそこが上手く答えられなかった…」といったことや、「緊張して上手く話せなかった…」など、色んなことを反省してしまいがちです。ですが、この反省はすべきではないと思います。 というのも、この反省を引きずってもいいこ...
採用面接のトレーニング法

採用面接が得意になるためにしておいた方がいいと思うこと

採用面接が得意になるためには、結論を言えば「準備」と「練習」あるのみです。最初から得意な人はおらず、しっかりと下準備をした上で、何度か採用面接を繰り返していく内に上手くなっていくと思います。 では、その下準備と練習をどうするかというこ...
採用面接のマナー

喫煙者は気をつけてもらいたい採用面接でのニオイマナー

私も喫煙者ではないので、タバコのニオイには敏感です。喫煙してきた人が外来に来ると、「うわ、吸ってきたな」とどうしても思ってしまいます。 紙巻たばこを吸ってきたばかりですと、マスクをしていてもニオイはしますし、服にもたっぷり煙をまとって...
採用面接のマナー

「最低限これだけは」守っておきたい採用面接のマナー

採用面接においては、社会人としてのマナーもまたきちんと守れているか見られています。厳しい就活を経験している会社員の方ですと、自然と身についていることもあるかもしれませんが、医師となるとあまりそのような経験もないので、「マナーがなっていない」...
転職活動にまつわるトラブル回避法

「え?そんなことが…」という採用面接で起こりうる予想外なトラブル

採用面接では、「え?そんなことが…」という予想外なトラブルが起こることもあります。しっかりと準備したつもりが、「うわ、やっちゃった…」と思うことが起こってしまうものです。 私自身もやってしまったことがあり、心象を悪くしてしまったなぁと...
転職活動にまつわるトラブル回避法

採用面接の回答が原因で「内定取り消し」となる可能性がある3つのパターン

採用面接での回答は、「嘘がない」ことを前提としています。そこで偽りがあった場合や、「面接での話と大幅に違う」状況になっていた場合、「内定取り消し」をされてしまう可能性があります。 ですので、採用面接においては「嘘や偽りがない」ことを心...
採用面接での回答

医師の「採用面接」が入職後の処遇を左右するケースもあります

一昔前ですと、医師が病院を選ぶ側で、明らかな「売り手市場」でした。そのため、採用面接も「顔合わせ程度の意味」であり、内定が出て「ぜひウチに」ということになっていました。 しかしながら、患者さんの権利意識向上や、SNSの発達に伴う病院側...
採用面接での回答

面接担当の事務方と管理職医師、どちらの質問に気をつけるべきか?

医師の採用面接ですと、基本的には採用担当の事務方、あとは医長などの管理職を担う医師が同席することが基本的な形となります。 そこで、双方から質問があるわけですが、どちらの質問に気をつけるべきでしょうか?もちろん、両方の質問に心して回答す...
採用面接での回答

うつ病などの病気療養期間があったことをどう伝えるか

うつ病など、メンタル疾患で病気療養をすることは誰でも起こりうることだと思います。産業医をしていますと、ストレス耐性には自信があったという方がメンタル疾患になることを目の当たりにしているため、その認識を新たにしました。 ただ、採用面接の...
採用面接での回答

「前職をすぐ辞めてしまったのはなぜか?」という質問にどう答えるべきか

前職での勤務期間が短いと、採用担当者としては、「ははーん、人間関係に問題でもあったか」「上司と反りが合わなかったのかな?」「気に食わないことがあると、すぐ辞めてしまうのでは?」などと、思われてしまうことを覚悟する必要があります。 さら...
タイトルとURLをコピーしました